新商品!

随分とご無沙汰となってしまいました。久しぶりのブログ更新ですね。どうにかブログの使い方は忘れていませんでした。

Super35による第21作目となる今作は、昨年のデロリアンをモチーフにした『RUN DMC!』以来と約1年ぶりになりますが、”Super35色全開”なラインナップかなと思っています!『死霊のはらわた』の主人公アッシュをモチーフにした、その名も『GROOVY』Tシャツ!!

この映画は…私の私生活に影響はさほど与えていませんが笑、でも、片腕チェーンソー&砲身切り詰めショットガンという武器構成に萌え萌えです。なんででしょうかね?昔から体の一部がギミックなものに憧れてて…コブラとか009の004とか、ルークの右腕もそうですよね。まぁ単純にカッコイイ!という感情になるので、それ以上もそれ以下もないんですが。と、ちょっとお話が脇にそれましたが、相変わらず私の「好き」を詰め込んだTシャツですが、よろしければお手に取って頂ければと思います!!

“GROOVY”商品詳細

あと、売り切れていました当店人気No.1の”THE TEXAN BUTCHER”Tシャツも再入荷しておりますので、前回買いそびれた!という方いらっしゃいましたらこちらも併せてご利用下さい。こっちはページ作成の手間がない分、先週から販売していますがちょいちょい出てまして残り少ないサイズもありますのでお早めにどうぞ!

“THE TEXAN BUTCHER”商品詳細

あとすみません、久しぶりのブログだと告知が多くなりますが、昨年コラボして下さった宮城県松島にある『Cafe & Bar LYNCH』さんのめっちゃカッコイイサイトがオープンしていますのでよければ覗いて頂ければと思います。Dancing Midgetくんもチラッと出ております笑

“Cafe & Bar LYNCH”

心機一転ブログのデザインも変えましたので、また今後ともお付き合いいただければと思います!ちなみにもう秋~冬になりますが、今年中にもう1枚作ります!10月の早いうちに出せればと絶賛進行中です!では!!

タイムマシンの可能性

最近、暑い日が続き体調を崩しやすくなっておりますが皆様いかがお過ごしでしょうか?
さて、今週末からお盆休暇に入った方も多くいらっしゃるかと思いますが!当店ではそんな世の中の流れには乗らず(乗れず…)、新作が届きましたのでご案内致します!!


今年2015年は、子供の頃それこそ何度観たかわからないほど観た、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の1作目が公開となってちょうど30年目にあたります。小学生ながらウォークマンを買ってもらい(映画で実際に使われていたのはAIWAでしたが)、ナイキの靴を履いて、そしてアメリカ文化に憧れを持つようになったりと自分自身のライフスタイルに多大な影響を及ぼした作品です。ただ私の心を一番に魅了したのはタイムマシン=デロリアンの存在です。ガルウィング!低い車体!メカメカしいリア!!ゾクゾクしますね笑。実際、ノーマルのデロリアンを見かけると(リア部分が特に)妙にスッキリしていて何かしっくりこない感があります。

そんなデロリアンへの愛を込めた新作『RUN! DMC』 、本日8月8日より発売開始です!
商品詳細は以下リンクよりどうぞ!

RUN! DMC商品詳細

お台場のメガウェブにて

パーティー・ナイトはダンステリア

ザット’70sショーやスパイダーマン3に出演していたトファー・グレイス主演の80年代後半

を舞台にしたレトロ(ラブ)コメディ。原題は「Take Me Home Tonight」。エディ・マネーの曲

をタイトルに拝借したと思うんですが(多分)劇中には流れません… どうでもいい話ですけ

ど、電子マネーでエディと聞くと頭の中にエディ・マネーが。

さて、ストーリですが、マット(トファー)はMITを卒業するもモラトリアムにどっぷりハマり

ビデオ屋で働き冴えない日常を過ごす毎日。そんな時に高校生の頃の片思いの女性

(テレサ・パーマー)が大学を卒業し地元に帰って来て再会をするけど…といった青春モノ。

日本では劇場未公開・ビデオスルー。WOWOWで鑑賞。

正直ストーリーはありがちなんだけれど、80年代に幼少時を過ごした僕としては、懐か

しさ満載。昔、吉川晃司が着ていたような無駄に肩パッドが入った(そして腰の部分が

妙に絞られた)ジャケット、ブロンディやマドンナ、ジョーン・ジェットみたいなメイクとか、

片方の前髪だけやたら持ち上げた髪型など…上げていったらキリがないですねw

サントラも邦題通り(?)80年代のディスコ調ミュージックが盛りだくさん。ノリノリです。

ちなみにこの映画、脇がなにげに豪華でトファーの双子の姉妹役でアンナ・ファリス、親父が

マイケル・ビーンだったりします。あと、この映画で僕は初めて知ったヒロインのテレサ・パー

マーがクリステン・スチュワートに似てます(クリステンより明るい雰囲気)。

とまぁ、30代半ば以降向けのおっさんホイホイな映画です(でもストーリーはこれから社会に

出る人向け)。80年代のアメリカの雰囲気が好き、またはお勉強したいという人は楽しめると

思いますよ。イギリス盤のBlu-rayには日本語収録されているようなのでサントラと併せて

買おうかしら…

オリジナル予告篇(監督:マイケル・ドース)