アカデミー賞とラジー賞2013候補作品 ラジー賞編

さてアカデミー賞の紹介が終わった所で、今回の一連のエントリーの本題のラズベリー賞候補の紹介を行いますっ!!
アカデミー賞は主要部門だけでしたが、ラジー賞はノーカットで進めます

【最悪脚本賞】 

バトルシップ
That’s My Boy! アダム・サンドラーの最新作
ジャックはしべれま1,000(せん) ※エディ・マーフィ主演。日本ではビデオスルー
Atlas Shrugged Part 2 ※肩をすくめるアトラスの映画化第2弾
トワイライト・サーガ ブレーキング・ドーン Part 2

【最悪スクリーンカップル賞】

MTV Jersey Shoreのキャスト2人(組合わせ問わず)新・バカ大将 ザ・ムービー 
※ファレリー兄弟の最新作。日本ではビデオスルー
マッケンジー・フォイテイラー・ロートナー
トワイライト・サーガ ブレーキング・ドーン Part 2
ロバート・パティンソンクリステン・スチュワートトワイライト・サーガ ブレーキング・ドーン Part 2
タイラー・ペリー女装したタイラー・ペリーMadea’s Witness Protection
アダム・サンドラーレイトン・ミースターアンディ・サムバーグスーザン・サランドンThat’s My Boy!

【最悪アンサンブル賞】

バトルシップの出演者全員
Oogieloves inThe Big Balloon Adventureの出演者全員
That’s My Boy!の出演者全員
トワイライト・サーガ ブレーキング・ドーン Part 2の出演者全員
Madea’s Witness Protectionの出演者全員

【最悪監督賞】

ショーン・アンダースTha’s My Boy!
ピーター・バーグバトルシップ
ビル・コンドントワイライト・サーガ ブレーキング・ドーン Part 2
タイラー・ペリーGood Deeds Madeas Witness Protection
ジョン・ッチAtlas Shrugged Part 2

【最悪助演男優賞】

デヴィッド・ハッセルホフ(本人役)ピラニア リターンズ
テイラー・ロートナートワイライト・サーガ ブレーキング・ドーン Part 2
リーアム・ニーソンバトルシップタイタンの逆襲
ニック・スウォードソン:That’s My Boy!
ヴァニラ・アイス(本人役)That’s My Boy!

【最悪助演女優賞】

ジェシカ・ビールトータル・リコールPlaying For Keeps
ブルックリン・デッカーバトルシップ恋愛だけじゃダメかしら?
アシュリー・グリーントワイライト・サーガ ブレーキング・ドーン Part 2
ジェニファー・ロペス恋愛だけじゃダメかしら?
リアーナバトルシップ

【最悪主演男優賞】

ニコラス・ケイジゴーストライダー2
エディ・マーフィジャックはしゃべれま1,000(せん)
ロバート・パティンソントワイライト・サーガ ブレーキング・ドーン Part 2
(女装していない)タイラー・ペリーMadeas Witness Protection
アダム・サンドラーThat’s My Boy!

【最悪主演女優賞】

キャサリン・ハイグルラブ&マネー ※日本ではビデオスルー
ミラ・ジョヴォヴィッチバイオハザードV リトリビューション
(女装した)タイラー・ペリーMadeas Witness Protection
クリステン・スチュワートスノーホワイトトワイライト・サーガ ブレーキング・ドーン Part 2
バーブラ・ストライザンド:The Guilt Trip

【最悪作品賞】

バトルシップ
Oogieloves inThe Big Balloon Adventure
That’s My Boy!
ジャックはしゃべれま1,000(せん)
トワイライト・サーガ ブレーキング・ドーン Part 2

とまぁ、こんな感じになりました。既報の通り『トワイライト・サーガ ブレーキング・ドーン Part 2』が独占していますねぇ。旧3部作は見ましたけど、あの痛い感じ(嫌いじゃないですよw)が3部作でも続いてるのかな次いでノミネートが多い『バトルシップ』。今年はトワイライターとバトルシッパーによる熱い(そして醜い)争いが見られそうで今から興奮ですね!! 発表はアカデミー賞の前夜、2月23日です!乞うご期待

アカデミー賞とラジー賞2013候補作品 アカデミー賞監督賞・主演男優賞・主演女優賞・助演男優賞・助演女優賞編

※名前をクリックするとWikipediaへ、作品名をクリックすると公式サイトへジャンプします。

【監督賞】

ミヒャエル・ハネケ:『愛、アムール
ベン・ザイトリン:『ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~
アン・リー:『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日
スティーブン・スピルバーグ:『リンカーン
デイヴィッド・O・ラッセル:『世界にひとつのプレイブック

【主演男優賞】

ブラッドリー・クーパー:『世界にひとつのプレイブック
ダニエル・デイ=ルイス:『リンカーン
ヒュー・ジャックマン:『レ・ミゼラブル
ホアキン・フェニックス:『ザ・マスター
デンゼル・ワシントン:『フライト

【主演女優賞】

ジェシカ・チャステイン:『ゼロ・ダーク・サーティ
ジェニファー・ローレンス:『世界にひとつのプレイブック
エマニュエル・リヴァ:『愛、アムール
クワベンジャネ・ウォレス:『ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~
ナオミ・ワッツ:『インポッシブル

【助演男優賞】

アラン・アーキン:『アルゴ
ロバート・デ・ニーロ:『世界にひとつのプレイブック
フィリップ・シーモア・ホフマン:『ザ・マスター
トミー・リー・ジョーンズ:『リンカーン
クリストフ・ヴァルツ:『ジャンゴ 繋がれざる者

【助演女優賞】

エイミー・アダムス:『ザ・マスター
サリー・フィールド:『リンカーン
アン・ハサウェイ:『レ・ミゼラブル
ヘレン・ハント:『The Sessions(原題)※日本公開未定(?)のため現時点で公式サイトなし
ジャッキー・ウィーバー:『世界にひとつのプレイブック※Wikiなし

アカデミー賞とラジー賞2013候補作品 アカデミー賞作品賞編

数日前になりますが、アカデミー賞候補作品が発表になりましたね。
ということで当ブログでも軽くまとめておきたいと思います。

まずはアカデミー賞から!

【作品賞】


愛、アムール(原題:Amour)
日本版公式サイト:http://ai-movie.jp/
監督:ミヒャエル・ハネケ
出演:ジャン=ルイ・トランティニャン、エマニュエル・リヴァ、イザベル・ユペール
一言:『白いリボン』に続いてハネケ監督がパルムドールを獲得した本作。余生を静かに暮らしていた老夫婦だが、妻が病に倒れたことから生活は一変していくというヒューマンドラマ作。ハネケ監督作なので重いんでしょうね、きっと。ちなみに日本公開は3月9日(土)から。

———-

アルゴ(原題:Argo)
日本版公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/argo/
監督:ベン・アフレック
出演:ベン・アフレック、ブライアン・クランストン、アラン・アーキン
一言:ベン・アフレック監督作『ゴーン・ベイビー・ゴーン』『ザ・タウン』ともにお気に入りです。昔の話で恐縮ですが、私が所持しているDVDが全てベン・アフレック主演映画に変わっている、という夢を見て一時期ベン・アフレック恐怖症でした。未見なのでソフト化されてから見ます。『マルコム in the Middle』のお父ちゃん(ブライアン・クランストン)が頑張っているのが楽しみです。ということでポスターもクランストンVer.をチョイス。3月13日、Blu-ray・DVD発売

———-

『ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~』(原題:Beasts of the Southern Wild)
日本版公式サイト:http://www.bathtub-movie.com/
監督:ベン・ザイトリン
出演:クワベンジャネ・ウォレス、 ドワイト・ヘンリー
一言:リアル版『かいじゅうたちのいるところ』ぽいのかな、と予告篇を観て感じました。予告篇からでも演技の凄さは伝わって来ますが、子役のクワベンジャネ・ウォレスは主演女優賞にもノミネートされています。かなり観たいです。日本公開は4月。

———-

『ジャンゴ 繋がれざる者』(原題:Django Unchained)
日本版公式サイト:http://www.sonypictures.jp/movies/djangounchained/
監督:クエンティン・タランティーノ
出演:レオナルド・ディカプリオ、ジェイミー・フォックス、クリストフ・ヴァルツ
一言:かなり血生臭そうですね~。ディカプリオが楽しそうに悪役を演じているのが何よりです。あと、サミュエル・L・ジャクソンの髪型が…w 公開は3月1日。待ちきれませんねぇ。3時間の超大作!

———-

『レ・ミゼラブル』(原題:Les Misérables)
日本版公式サイト:http://www.lesmiserables-movie.jp/
監督:トム・フーパー
出演:ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ
一言:トム・フーパー監督はアカデミー賞受賞してから急に大物になった感がありますね。彼の監督作『くたばれユナイテッド』という映画が大好きです。ちなみに本作は今年のお正月映画として日本でも大ヒット中ですよね。皆さん「感動したっ!」と言っておりました。もう少し落ち着いてから観に行こうかと思っています。絶賛公開中。

———-

『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』(原題:Life of Pi)
日本版公式サイト:http://www.foxmovies.jp/lifeofpi/
監督:アン・リー
出演:スラージャ・シャルマ、 イルファン・カーン
一言:小さな船に虎と二人っきり。絶望しかないっす。作品賞で唯一の3D作品(多分)。動物がいっぱい出てくるので3Dで観たいです。一部ではIMAXでの公開もあるようです。間もなくの1月27日公開。

———-

『リンカーン』(原題:Lincoln)
日本版公式サイト:http://www.foxmovies.jp/lincoln-movie/
監督:スティーブン・スピルバーグ
出演:ダニエル・デイ=ルイス、サリー・フィールド、ジョゼフ・ゴードン=レヴィット
一言:吸血鬼を殺さないほうです。相変わらずダニエル・デイ=ルイスの演技はすごいですね(予告篇だけですけど)。12部門ノミネートですけど、『アミスタッド』の二の舞にならないことを祈りましょう。ポスターかっこいいですね~。4月19日公開。

———-

『世界にひとつのプレイブック』(原題:Silver Linings Playbook)
日本版公式サイト:http://playbook.gaga.ne.jp/
監督:デイヴィッド・O・ラッセル
出演:ブラッドリー・クーパー、ジェニファー・ローレンス、ロバート・デ・ニーロ
一言:今回のノミネーションで一番予告篇が面白くないです…。デイヴィッド・O・ラッセル監督作なんで、オフビートさは感じます。最近露出の多いブラッドリー・クーパー、ウィンターズ・ボーンのジェニファー・ローレンス、B.クーパーの父親役でデ・ニーロとキャストが結構楽しみです。サントラが素敵です。2月22日公開。
Silver Linings Playbook - Various Artists

———-

『ゼロ・ダーク・サーティ』(原題:Zero Dark Thirty)
日本版公式サイト:http://zdt.gaga.ne.jp/
監督:キャスリン・ビグロー
出演:ジェシカ・チャステイン、 ジェイソン・クラーク、 ジョエル・エドガートン
一言:記憶にあたらしいビン・ラディン殺害作戦をキャスリン・ビグローが映画化。相変わらず男っぽい映画な感じですが、今回のメインは戦場というより分析官がメインのようですね。2月15日公開

アカデミー賞の主要部門、数が(一昨年くらいからでしたっけ?)増えたから書くのも一苦労。
次のエントリーに続きます!!

ジョージ・ハリスンのお話 『リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド』

今日は11月29日なのでいい肉の日なんですが、ジョージ・ハリスンの命日でもあります。

ということでジョージ・ハリスンのドキュメンタリー作品『リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド』の感想を。この作品は『ラスト・ワルツ』『ノー・ディレクション・ホーム』など何気に音楽との関わりも多い巨匠マーティン・スコセッシの手による映画。2011年公開なのでちょうどジョージが亡くなって10年目、このディケイドという節目で制作されました。というかジョージ・ハリスンが亡くなって10年以上経つんですね。つい2,3年前に闘病の末に旅だった、という感覚が自分の中にあったので意外な感じがしました。

故人を扱った作品なので生前の記録と関係者のインタビューで構成された本作、上映時間はなんと208分、3時間28分の超大作。正直に言うとこの上映時間にちょっと鑑賞するのを躊躇していました。が、ジョージの人間性が紡ぎだす本作は、時間を超越した、簡単に言えば「終わらないで欲しい」と思える不思議な雰囲気を携えたユニークな作品です。

通常この手の作品は大人の事情からソロ活動以降のお話が中心だったりと、若干お茶を濁した感じで話が進んだりしますが、そこはマーティ・スコセッシの力なのかビートルズ結成時の話から始まり、スチュアート・サトクリフの話(バック・ビート観てね)なども含め語られます。また数多くの友人、もちろんポール、リンゴ、オノ・ヨーコ、クラプトンからジェーン・バーキン、エリック・アイドル(!)、テリー・ギリアム(!)、ジャッキー・スチュアート(元F1チャンピオン)らがインタビューに答えており彼の人柄に触れています。

「ビートルズ」という偉大なバンドを語る際にはやっぱりポールとジョンがアイコンになるけれど、その「ビートルズ」という型に一番囚われずにもっと大きなところを見ていたのはジョージ・ハリスンだったんだね、と観終わったあとに心のなかでジンワリと思いました。いい映画です。
ジョージ・ハリスンファン・ビートルズファンだけに限らず、上記の多彩なゲストや60年代のフラワーチルドレンムーブメントなどに興味のある方にも非常に強くオススメします!長尺ですけど是非!

関連作品

【映画の】Blu-rayの収納【Lifehack】

統計的に見ても男性のほうが女性に比べて収集癖があるようです。私も多分に洩れず

どうも子供の頃からコレクション癖が止まりません。キン消し、ビックリマン、レゴなどなど。

ただ、喉元過ぎれば熱さ忘れる、とはよく言ったものでこれらは全て手元に残っていませんw

映画を除いては…

ということで、本題です。Blu-rayレコーダーを導入してからというものWOWOWで放映

している(Blu-ray化が望めなさそうな)映画を録画→Blu-ray化するのはいいんです

が、ある程度数が溜まってくると困るのが収納ですよね。最初は本棚に並べていたん

ですけど、スペースに限りはあるわけで結局床に積み重なっていく訳ですよ…

それを解消するために無印で収納用品を見たり、ハンズで箱をさがしたりと色々探し

てみたものの小さかったり大きかったりと、どうもしっくり来るものがなかったんです。

が、とうとう見つけました。意外なところで。写真を見てもらえればわかると思いますが、

Blu-rayのケースサイズにドンピシャです。

これHMVのインターネットショップでBlu-rayを購入した時の配送箱なんです。ちなみに

この箱のサイズを測ってネットで検索しても出てこないんで、規定のサイズじゃないんで

すよね。

配送箱とかって邪魔くさいのでさっさと捨ててしまうことが多いのですが、こういう形で

再利用できるのはいいですよね。もしBlu-rayディスクの収納でお困りの方がいたら

お試しください!