『気狂いピエロの決闘』鑑賞日記

【警告:ピエロ恐怖症の方はお気を付けください!】
タイトルからして凄いですよね…スペインが誇る巨匠アレックス・デ・ラ・イグレシアによる2010年の映画。日本では昨年(2012年)の『三大映画祭週間』でイベント上映と、ほぼビデオスルー扱いです。一応ヴェネチア映画祭では監督賞・脚本賞を受賞していますが、まぁなかなかクセのある映画ですし、この年の審査委員長がタランティーノということで察して頂ければと思います(ちなみに大賞はソフィア・コッポラの『SOMEWHERE』)。

さて、どうのようなストーリーかといいますと、スペイン内戦時にサーカスの花形でもあるピエロ(主人公ハビエルの父親)は人民戦線に半ば強制的に徴兵されるものの反乱軍(国民戦線軍)との交戦に敗れたことにより、捕虜となり強制労働へと送り出されてしまう。月日がたち青年へと成長したハビエルは父親を救い出すべく、この強制労働の現場に一人乗り込み破壊活動を行うが、脱出時に父親は命を落としてしまう…。(一部完…多分)
後半は話がガラッと変わり、中年にさしかかろうとするハビエルは父(や祖父)が生きてきた跡をなぞるかのようにサーカスでピエロの職を得る。そこで美しい曲芸師ナタリア(カロリーナ・バング)や暴力でナタリアを支配するセルヒオと出会い、この出会いが後々の血なまぐさい抗争を産み出す…、といったところです。


  こんなバカ殿みたいのが…
  ↓

  こんなんなりますw

物語の根底にあるのは(ブラック)コメディなんでしょうけど、笑っていいのか…?と観ているこっちが少し不安になることも多々。キワドイかつ酷い(もちろん褒めています)映画です。まぁいつものイグレシア映画といえばそのままなんですが。スラップスティックコメディホラーとでも形容すればいいのでしょうか?エグいシーンもコメディとして受け止められる人向けな作品です。家族・恋人と観るのはあまりオススメしませんが(そういう趣味をお互いにお持ちでしたらアレですが)、夏の夜に電気を消した部屋で一人で観るにはうってつけの映画ではないでしょうか。私はこの映画大好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA