パーティー・ナイトはダンステリア

ザット’70sショーやスパイダーマン3に出演していたトファー・グレイス主演の80年代後半

を舞台にしたレトロ(ラブ)コメディ。原題は「Take Me Home Tonight」。エディ・マネーの曲

をタイトルに拝借したと思うんですが(多分)劇中には流れません… どうでもいい話ですけ

ど、電子マネーでエディと聞くと頭の中にエディ・マネーが。

さて、ストーリですが、マット(トファー)はMITを卒業するもモラトリアムにどっぷりハマり

ビデオ屋で働き冴えない日常を過ごす毎日。そんな時に高校生の頃の片思いの女性

(テレサ・パーマー)が大学を卒業し地元に帰って来て再会をするけど…といった青春モノ。

日本では劇場未公開・ビデオスルー。WOWOWで鑑賞。

正直ストーリーはありがちなんだけれど、80年代に幼少時を過ごした僕としては、懐か

しさ満載。昔、吉川晃司が着ていたような無駄に肩パッドが入った(そして腰の部分が

妙に絞られた)ジャケット、ブロンディやマドンナ、ジョーン・ジェットみたいなメイクとか、

片方の前髪だけやたら持ち上げた髪型など…上げていったらキリがないですねw

サントラも邦題通り(?)80年代のディスコ調ミュージックが盛りだくさん。ノリノリです。

ちなみにこの映画、脇がなにげに豪華でトファーの双子の姉妹役でアンナ・ファリス、親父が

マイケル・ビーンだったりします。あと、この映画で僕は初めて知ったヒロインのテレサ・パー

マーがクリステン・スチュワートに似てます(クリステンより明るい雰囲気)。

とまぁ、30代半ば以降向けのおっさんホイホイな映画です(でもストーリーはこれから社会に

出る人向け)。80年代のアメリカの雰囲気が好き、またはお勉強したいという人は楽しめると

思いますよ。イギリス盤のBlu-rayには日本語収録されているようなのでサントラと併せて

買おうかしら…

オリジナル予告篇(監督:マイケル・ドース)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA